研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > 宝石の研磨

宝石の研磨

宝石は貴石とも言われますが、宝石の王様とも言われるダイヤモンドをはじめ、ルビー、サファイア、ターコイズ、アメジスト、ガーネット、アクアマリン、アレキサンドライト、アイオライト、エメラルド、オパール、トパーズ等数多くの種類のものがあります。これらはすべて宝石として研磨される前は天然の鉱石として存在します。

それぞれの宝石の原石、つまり鉱石には固有の結晶構造や成分があり、「硬度」が違います。研磨は特に硬いものを削ったり、磨いたりすることが出来る表面加工の技術のため、研磨材のほうが被削材、つまり加工しようとしている素材よりも硬さで負けていたとしても加工自体はすることができます。ただ、加工効率や精度などを考えると、硬さで勝っている研磨材を用いたほうが効果的です。

宝石の研磨には専用の研磨機を使います。ダイヤモンドのブリリアントカットに代表されるように、宝石のファセット用(面)の研磨に用いる研磨機は、円形のテーブルにダイヤモンドパウダーと研削油をまぶし、そこに研磨したい宝石をほんのわずか押し付け、少しずつファセットを作っていきます。宝石の輝きは、原石の質もさることながらこのファセットの精巧な角度で決まります。またカボションカットと呼ばれる丸みを帯びた形状に研磨する場合は、卓上グラインダーのような宝石研磨機を使います。これにダイヤモンドホイール(電着、レジンなど)を装着して、回転する砥石に宝石を押し当てて研磨することで丸みを出していきます。