研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > 板ガラスの研磨

板ガラスの研磨

大きな面積を持つ板ガラスや鏡の表面は、平坦できれいに磨きこまれていますが、これは大量のヘッドに取り付けられた回転式のブラシと研磨材によって作られていることが多いです。ホイールをはじめとした、形の明確になっている砥石は、主として板の外周部分の面取りや端面研削に使います。日本では大きな板ガラスを一から作っているメーカーは数が限られていますが、大量生産が前提となる製品でもあるため、特別なものを除くと、規模の大きい設備をもつメーカーに限定されているといえます。

大量に生産するため、巨大な板ガラスがライン上を流れていき、いくつもの工程を経て、ラインを通り抜けた後には完成しているという具合です。研磨の工程も、特に端面の研削などでは他の素材に比べて驚くほどの速さで流れていきます。

面の研磨のほうは、大盤の板であっても表面の面粗さはもちろん、うねりの凹凸についても平坦であることが求められます。大きければ大きいほど、このうねりの度合いを小さくする難易度が上がります。

ガラスは透明であることが求められる素材であるため、研磨中の傷が残っていたり、前工程の傷が十分に取りきれていないと、仕上げになってそれらが目立ってくるという問題があります。また加工効率を上げるというのはどの現場でも重要な命題とも言えますが、加工速度を上げようとすれば、ガラスや砥石に負荷がかかり、ガラスの角の欠けである「ハマ欠け」や「ピリ欠け」、「チッピング」といった問題を引き起こすこともあります。

近年は、純粋なソーダ硝子だけでなく、熱膨張係数の極めて低い耐熱ガラスなど硬度があって加工の難しいものも市販されています。同じガラスでも材質に応じて適したダイヤモンド砥石や工具を選択する必要があります。

「板ガラスの研磨」に関連するサイトやリソース