研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > 流体研磨

流体研磨

流体研磨とは正確には磁性流体研磨のことを意味しています。遊離砥粒を用いた新技術の一つで、研磨する際に「磁力」の助けを借りて加工能率や精度を向上させる技法です。

磁気研磨の項目で、砥粒に磁性を帯びたものを用いて周囲に磁石を配置することで、ワークへのあたり方をコントロールする手法について紹介しましたが、この流体研磨は、通常のポリッシャ(パッド)を使った研磨をしつつ、そのポリッシャと定盤の間に、磁性流体とも呼ばれる磁力を帯びたスラリーを入れます。磁石によって磁性流体がポリッシャに押し付けられて変形します。この磁石によって押し上げられたスラリーがポリッシャを変形させるため、ポリッシャがワークの表面性状に沿った形になって圧力がかかり、曲面などの研磨でもスムーズにムラのない研磨を実現することが可能になります。磁場がより強く、砥粒が細かいほどに、ワークの表面になじんだ状態での研磨となるため、加工効率が上がることが知られています。

ワークとスラリーとが接する場に「磁場」を作り出すことで、より研磨剤が加工対象の表面になじむように考案された技術といえます。複雑形状をもつワークや、曲面形状を持つワーク、曲率が高くて通常の研磨ではムラが発生するような加工での利用が期待されます。

「流体研磨」に関連するサイトやリソース