研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > 円筒研磨

円筒研磨について

研磨の手法としては、平面研磨とならび最もよく知られ、一般的な方法です。なお、円筒研削の仕上げ工程のことを円筒研磨と呼んだり、業界によっては研削のかわりに研磨という呼び方をしたりすることもあるので、定義については区々です。

円筒状のワーク(加工対象)を寝かせて、両端を固定し、高速回転させ、砥石を横からあてていくことで円筒を研磨する方法のほか、円筒ワークにロール形状の砥石(研磨材)を当てる方法、スラリーを用いて研磨する方法などがあります。

円筒研磨には、研削ホイールのようなタイプの砥石を使う場合、トラバースとプランジという二つの手法があります。

トラバースは円筒の全体をならす研磨に向いており、軸方向に送っていきます。プランジ研磨は、ワークに直角に砥石をあてていくため、切り込みが深く、高能率研削や研磨に向いています。

「円筒研磨」に関連するサイトやリソース