研磨と研磨材の種類HOME > 材質別の研磨分類 > 樹脂研磨

樹脂研磨

樹脂(プラスチック)系の素材は、あらかじめ型に入れて形状を作ることができますが、そこからさらに型では作ることができない形状や精度を研磨で達成することができます。またもともと成型では精度が足りないという場合は、研磨は必須となることもあります。樹脂は金属と違い、熱に弱いという特性のほか、表面硬度があまりなく、とにかく軟らかい素材のため、どのような研磨材を用いるにしろ、一回の研磨で削られる量が多くなってしまいます。くわえて樹脂の研磨の多くは、透明度が求められ、研磨材の付着や高温での研磨の際に起きる変色などを嫌います。こうした点から、樹脂の研磨には独特のノウハウが必要です。また磁気研磨と呼ばれるアクリル樹脂などの高精度研磨に効果を発揮する手法も開発されています。