研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > 研磨材の規格

研磨材の規格

JISで定められている研磨材の規格とは、すなわち粒度の規格のことで、砥粒の大きさについて、ある種類と用途に限られた形で決められています。

他の規格としては、ダイヤモンドホイールなどのダイヤモンド工具やcBN工具についての規格があり、これによって安全基準や記号、用語などの統一がはかられており、メーカーが異なっても記号などからある程度の同定を行うことが可能になっています。ただし、メーカーが変わると使用感が変わったり、仕上げに影響が出るのは「研磨材の粒度」の項目で述べた通り同じです。

研磨材にかかわる規格の一覧表
JIS規格番号 規格名称
JIS R 6001:1998 研削といし用研磨材の粒度
JIS B 4130:1998 ダイヤモンド/CBN工具−ダイヤモンド又はCBNと(砥)粒の粒度
JIS B 4131:1998 ダイヤモンド/CBN工具−ダイヤモンド又はCBNホイール
JIS B 4138:1998 ダイヤモンド/CBN工具−ダイヤモンド又はCBNセグメントソー
JIS B 4140:2006 ダイヤモンド及びCBN電着工具
JIS B 4141:1998 ダイヤモンド/CBN工具−ダイヤモンド又はCBNホイール及びセグメントソー−寸法記号及び形状記号
JIS B 4142:2002 ダイヤモンド/CBN工具−安全性要求事項
JIS B 4051:2002 研削といしの選択標準
JIS B 4052:2008 自由研削用といしの選択標準

「研磨材の規格」に関連するサイトやリソース