研磨と研磨材の種類HOME > 材質別の研磨分類 > 人造石の研磨

人造石の研磨

人造石はエンジニアリングストーンとも言われ、今日数多く市場にも出回っていますが、そのどれもが素材の種類、比率、製法が少しずつ違っており、すべての人造石の研磨に万能に使える工具というものは残念ながら存在しません。人造石のなかでも、天然に存在する素材を組み合わせて作られたもの、人工の樹脂などのみから作られたもの、これらの複合タイプなどいくつかの類型があります。したがって、人造石とはいっても、実際には石ではないため、研磨そのものが難しいものもあります。インテリア用途等で市場によく出回っている人造石として多いのは石英、水晶で、このため御影石よりも硬度が高い場合があります。また色彩も天然のものとは違って、単一の色に染めることが出来るため、デザイン上の理由からも選択されることがあります。また天然の石材と同様のデザインをもつのものもあり、両者を区別することが難しい場合があります。

石材の劣化や汚れの多くは、石材を構成している雲母や長石などの隙間から水分や汚れが浸透することからおきますが、人造石のほとんどは、この隙間がほとんどできない緻密な構造になるよう制御している点に最も大きな特徴があります。これが理由で素材としての耐久力は向上していますが、研磨する上では難度が上がっており、天然石材用の研磨工具を使っても思うように面品位が出ないことがあります。

「人造石」に関連するサイトやリソース