研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > タングステン研磨

タングステン研磨について

タングステン研磨とは、溶射で用いる電極棒の表面研磨のことを指しています。具体的にはTIG溶接を行う際に使うタングステン電極棒の先端部位の管理が重要となるため、このときに専用のタングステン研磨機を使って研磨を行います。この電極棒の研磨角度や面粗度が溶接作業に大きく影響します。

使われる砥石としては、電着ダイヤモンドが一般的ですが、CBNが使われることもあります。

研磨の仕上がり具合で、アークの指向性や安定性に大きく影響するため、作業開始前の研磨による調整が重要となる分野です。

「タングステン研磨」に関連するサイトやリソース