研磨と研磨材の種類HOME > 材質別の研磨分類 > チタン研磨

チタン研磨

チタンは軽さの割りに強度が高く、この比強度で見ると非鉄金属の中でも特に優れた性能を持つ金属で、航空機などの分野でも積極的に使われるようになってきた比較的新しい素材です。耐食性や耐熱性にも優れ、強力な低温じん性を持つ非磁性の材料ですが、純チタンのままでは機械的な強度が十分ではないため、他の金属同様にチタン合金として使われることが多いです。鉄と酸素の含有量によって強度が変化します。

チタンは通常の研磨加工ではステンレス研磨と同様の加工で仕上げることが出来ますが、研磨そのものはステンレスよりも難しいといわれます。その理由としては、ステンレスよりも表面のうねりをコントロールするのが難しかったり、チタン金属の性質から目詰まりがしやすい、表面の傷がとれにくい等の問題もあり、難度の高い研磨加工の一つとなっています。チタンの純度が高いものほど難易度は上がります。表面を削るだけというのであればあまり他の金属素材の研磨と相違ない材料ですが、鏡面に仕上げる必要がある場合に問題が出てくる材料です。

またチタンの種類によっては、熱によって変形や化学反応するため、研磨中の温度上昇はなるべく避ける必要があります。

チタンには、バフ研磨のほか、電解研磨が用いられることもあります。