研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > ネジ研磨

ネジ研磨

ねじについているねじ山と谷は、通常ねじ切りと呼ばれる作業で作られていきます。ネジ研削盤にて、溝を切ったのち、特に精密度が要求されるようなものは、その溝と谷をさらにラッピングなどで鏡面状態に仕上げていくこともあります。こうした切削・研削による手法は特殊な用途のねじによく使われます。

一方、大量のねじの生産には、転造という技術が使われます。これはねじとなるワークを削って溝を出すのではなく、圧力をかけてネジの部分を凹ますようにしてつくる塑性加工の一種のため、プレス加工(圧造)にも通じるものがあります。ただし、ねじの素材によっては伸びの問題があり、特に硬いタイプの鋼材には不向きな製造方法です。

切削加工による製造では、NCなどの数値制御を用いたネジ研削も一般的です。

「ネジ研磨」に関連するサイトやリソース