研磨と研磨材の種類HOME > 材質別の研磨分類 > FRP研磨

FRP研磨

FRPは樹脂(プラスチック)の内部に、繊維質の素材を織り込んだり、混ぜ込んだりして強度を高めた素材で、これによって従来プラスチックが使われることのなかった産業でも積極的に取り入れられるようになりました。

軽くて高い強度を持つ材料ですが、繊維には方向があるため、研磨する際にはこれが原因で面精度がうまく出ないことがあります。もともと機械的強度を上げるために入れている繊維ですが、これにもいくつか種類があります。

炭素繊維で強化されているCFRP、ガラス繊維で強化されたGFRPやポリエチレン繊維で強化されたDFRPなどがあります。こうした繊維は、決められた方向に配置して機械的強度を上げてある場合もあれば、全体に均一にまぶしてある場合もあります。

FRPの研磨では、手作業ではサンドペーパーやコンパウンド系のものをウエスにまぶして使って行われることが多いですが、精密の研磨では機械研磨も行います。素材はやわらかい樹脂で、高温環境下では軟化もします。電着されたダイヤモンドや一般的に使われるC砥粒やA砥粒が使われているディスクサンダーなどでも研磨可能です。