研磨と研磨材の種類HOME > 材質別の研磨分類 > アルミナ研磨

アルミナ研磨

アルミナは酸化アルミニウム(Al2O3)のことですが、産業上は多くの場所で使われており、セラミックスの一種として研磨加工もされています。ブロックや円柱形状などの塊になったアルミナを研磨・研削する場合もあれば、金属などの表面に溶射膜としてつけられたものを研磨するという場合もあります。

研磨材の中でもワークを削る作用を持つ「刃」に相当する砥粒としてもよく使われ、WA砥石をはじめ、砥石として利用されることも多い物質です。

このため、アルミナの研磨にはダイヤモンド砥粒を含有したものが適しています。もっとも、アルミナを焼き固めたものによっては、研削中に一定の圧力などがかかると割れることもあるので、注意が必要です。