研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > ホイール研磨

ホイール研磨

車やバイクなどのホイール部分の研磨をする場合、金属を鏡面に仕上げるだけではなく、研磨後は過酷な環境で使われる部材のため、塗装やメッキなどの表面処理が行われるのが一般的です。研磨のみで仕上げる場合は、最後はバフ研磨か、ヘアライン仕上げなどになります。

ホイールの材質はアルミか、スチールですが、どちらも専用のコンパウンドや研磨紙(サンドペーパー)用いて研磨されることが多いです。ホイールの形状は入り組んでいるため、手作業が基本になるため、根気や研磨作業者の腕がそのまま輝きに影響してきます。

ホイールの場合、表面の汚れをとった後に残っているシミなどは金属の腐食によるものなので、研磨する意外にこれらを除去するのは難しいといえます。

研磨に用いるコンパウンド(磨き粉、液体研磨材)は粒度の違うものを複数用意するのが理想ですが、なければサンドペーパー(耐水ペーパー)か、こうした研磨紙タイプの研磨材で粗い番手から徐々に細かい番手のものに変えていきます。 アルミホイールの腐食がどの程度まで深く入り込んでいるのかで番手の粗さを決めます。かなり深くまで腐食している場合は、番手の粗い(粒度の表記数字が小さいもの)を使って研磨し始め、段々と細かいものにします。微細な傷も消すということであれば、手間はかかりますが、複数の段階に分けて研磨したほうがきれいに仕上がります。