研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > ディスク研磨

ディスク研磨

DVD研磨、CD研磨のことをディスク研磨とも呼びます。文字通り、CDディスク、DVDディスクの表面を研磨するからです。CDやDVDなどはピックアップレンズと呼ばれるレンズを通じ、光を照射させデータを読み取る構造をしていることから、表面に傷がついてしまうと、光が曲がってしまい、データがうまく読み込めなくなります。

そこで、表面に浅い傷が付いたCDやDVDの面を再研磨することで平坦にし、光をうまく読み取れるようにするのがディスク研磨となります。CDやDVDで光を読み取る面は一面だけで、この面に浅い傷がある場合は、材質がプラスチックの一種類であるポリカーボネートになっているため、これをごく薄く磨いて削るという作業となります。ある程度の深さを超えてしまうと、データ層に傷が届き、データそのものが破損してしまうということになります。したがって、こうしたものは研磨しても再生が困難です。また、データ読み取り層やポリカーボネートですが、CDやDVDのラベルを貼る面のほうは、データ層により近く、こちらに深めの傷が入ってしまっていると研磨による再生は難しくなります。

「ディスク研磨」に関連するサイトやリソース