研磨と研磨材の種類HOME > 用途別の研磨分類 > 内面研磨

内面研磨

加工対象となっているワークの穴の内側の壁を研磨する加工です。内研ともいいます。こうした内面研磨に特化した「内面研削盤」と呼ばれるものや、ホーニング砥石を用いて行うものがあります。

穿孔などの穴あけを行った後、そのままの状態では穴の内面部分の面精度は高くはありませんので、ここに部品が差し込まれたり、その部品が動くような場合には、特に摩擦をさげてやる必要があります。部品にもよりますが、穴と棒とのはめあいに余力を取り過ぎると、部品の役割を十分に果たせないこともありますので、こうした場合は特に内面研磨の精度が影響してきます。部品寿命にも影響する要素と言えます。

円筒研削盤には、外周部分を研削・研磨するための部分が主体となっていますが、軸付砥石などを装着することのできる部分がついている研削盤もあります。ただ、穴の内部を非常に精度高く仕上げる必要がある場合は、ホーニングのほうが適していますので、場合によって使い分けられます。ホーニング砥石はスティック状のものが多いですが、軸の周囲に装着され、その軸が穴の内部で周囲の壁を押しつけながら回転するため、軸付砥石による研削よりも砥粒を全面にあてることができます。

また研磨痕(砥石の通った道)が一方向に偏りにくい加工でもあります。

「内面研磨」に関連するサイトやリソース