研磨と研磨材の種類HOME > 研磨の疑問と回答 > ゴム砥石の用途には

ゴム砥石の用途には

ゴム砥石とは、ボンド(結合剤)にゴムを使っている砥石のことです。この結合剤には、レジン、ビトリファイド、メタル、セラック、マグネシアなどそれぞれ特徴のあるものがあり、加工メニューやワークの種類によって使い分けられています。

結合剤は、研磨材である砥粒を固着させておき、研磨中に容易にこぼれないように押さえておくグリップの役割を持ち、砥石のノウハウのほとんどがここに集約されているといっても過言ではありません。ワークへのあたりが変わり、もっと詳しく言えば、砥石の表面から突き出ている研磨材の「でっぱり」の長さにも影響するため、ライフや面精度にも関係があります。

ゴム砥石のボンドには、合成ゴムを使うケース、天然ゴムを使うケース、独自の配合のゴムを使うケース等があり、その特徴はまず「弾性」があげられます。弾性にとんだレジンボンドよりもさらに高い弾性が期待できます。回転による変形の難しさはありますが、弾性のあるものは、あたりの面が広くなり、よりきれいな面の仕上げに向いています。

薄い切断砥石などが製造可能なことから、大型で薄刃の砥石にもこのゴムが使われることがあります。

このため、センタレス研削での調整車、小型のプロファイル用の砥石、ベアリングの溝研磨、光沢用の研磨などの用途が知られます。