研磨と研磨材の種類HOME > 研磨の疑問と回答 > 研磨で使うダイヤモンド

研磨で使うダイヤモンド

研磨では人造ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの双方ともに研磨材としてよく使われます。理由はこれらが実用上、最も硬い物質であるからに他ならず、GE社によって人工的にダイヤモンドを作ることができるようになったことも寄与しています。

宝飾用途で使われる天然のダイヤモンドと、工業用の人造ダイヤ、天然ダイヤとでは成分・組成は同じものなのですが、「価値」をはかるための指標はそれぞれ違います。宝石としてのダイヤモンドは4Cに代表されるように、外観を主とした評価が行われますが、工業用の場合で、特に研磨用や研削用として使われる場合は、「割れ方」が重要となります。

割れ方は、「破砕性」(はさいせい)といいますが、このパラメータが高いものほど、切れ味のよいダイヤということになります。ダイヤはその硬さはどれも同じですが、力が加わる方向によって「割れやすさ」が大きく異なります。研磨材料として使う場合は、この割れやすさのほか、形状、中に入っている不純物の種類と量が性能に影響してきます。

なお、人造ダイヤと天然ダイヤの違いについては工具によっては気にされることもありますが、人造のほうが圧倒的に多く使われます。同じグレードの入手のしやすさのほか、形状の制御がしやすいのと、前述した工業的な性能が均一化されているからです。